スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「世界の国々」 No.3 トルコ

【世界の国々】

◎No.3 トルコ

3カ国目はトルコ。

良く聞くよねー。

どんな国なんだろ。

さてさて、調べてみよう。

トルコの正式国名はトルコ共和国らしい。

Turkiye Cumhuriyeti(テュルキエ・ジュムフリエティ)っていうらしい。

首都はアンカラ。聞いたことあるなーってくらいしか知らない。

宗教はイスラムが99%なんだって。

代表的な都市を調べてみた。

イスタンブール!
世界遺産だ!

これは知ってるぞ。

写真はこのサイトからみたらいいよ。


【トルコ】イスタンブールの美しい街並み・世界遺産写真館


ヨーロッパとアジアが出会う場所、イスタンブール、だってさ。
すごいかっこいい感じだね!笑

活気あふれるこの街での注目ポイントは
ハマムという伝統的なトルコ風呂とのこと。

20ドルほどできれいに垢すりしてもらえるんだそう。
日本のお風呂みたいなイメージかと思いきやマッサージのような感じみたいだね。

これは、おれは利用しないかなーたぶん。笑


お!
グランドバザールというところが気になったぞ!
ここに行けば土産物が何でも揃うらしい。


グランドバザール


約4400軒もあるって!
行きたい行きたい!

バザールを歩いていると、日本語でさまざまな客引きの呼び声がかかるとのこと。
そういえば、韓国のショッピングモールいったときもそんな感じだったしなぁ。笑


あとね、意外と知られていないところかもしれないけど

トルコ料理って世界三大料理なんだよー。

元々、トルコ人はモンゴル高原北部に住んでいた遊牧民族のようです。
そこから移動していったという歴史もあり、様々な食文化を取り入れているんだって。

トルコの食文化は、中央アジア以来のトルコ民族の伝統、アラブやイランのイスラム文化、
ヘレニズムと地中海の特徴が混ざり合って基礎を形作り、世界三大料理の一つに数えられるほどになったと。

ヘレニズムってなんだ。笑


ヘレニズム


そんなことより、トルコ料理ね。

トルコ料理は肉料理が中心のようだ。
意外と凝った料理が多めな感じですね。
↓のサイトにいろいろ書いてた。

トルコ料理

旅行行くならいくらくらいかかるかな?

東京からなら、8日間の旅で最低17万か。なかなかだね。
このサイトで見つけたけど、カッパドキアっていう場所もなんか聞いたことある。

トルコツアー

ちなみに、トルコの場所って、ヨーロッパの下の方でイラクの左!
よーわからんか。笑

トルコの位置

はい。
なんだか今回はトルコのことをうまく勉強できなかったな。
トルコって結局どんな国なんだろ?
トルコの勉強会2回目もあるかも。笑

まぁ自分なりにまとめてみます。

最後まで見てくださってありがとうございました。

◎まとめ
・おすすめは世界遺産のイスタンブール
・首都はアンカラ
・みやげ物が何でも揃うグランドバザールという場所がある
・世界三大料理のトルコ料理は様々な食文化を取り入れている料理
・東京から8日間のツアー旅行で最低17万くらい。
・トルコの場所はヨーロッパの下の方でイラクの左!笑

スポンサーサイト

「世界の国々」No.2 スペイン

【世界の国々】

◎No.2 スペイン

太陽と情熱の国。

フラメンコと闘牛の国、らしい。

人口は約4715万人。

首都はマドリッド。

サッカーのマドリード的なやつですかね?

有名なイベントはトマト祭り。

今回は「このイベントいいなぁ!」って前から思っていたのでスペインをチョイス。

詳しくはこのURL。

http://www.monie.jp/howto/20120203-210818.html

ポイントだけ書くと、

・トマト祭りは、スペインでは「La Tomatina」と呼ばれている。

・開催時期は、毎年8月の最終水曜日。

・帰りは超混む。シャワーも混む。

楽しそうなイベントですね。

是非参加してみたいイベントだな。



次に、パトネス・デ・アリーバっていう小さな村が気になった。

週末になるとハイキングや食事を楽しむ家族連れで賑わうらしい。

外国の村って、ドラクエの村みたいな感じなんじゃないかと憧れるんですよねー。

そんな素朴な村、見てみたい。


他には、モンセラットという聖なる山があるらしい。

初めて聞いた。

そこには修道院をはじめとしたモニュメントがあるそうで。

自然保護区ということもあり、良い景色なのでしょう。


あと、スペインで忘れちゃいけないのがバルセロナ!

ここは聞き覚えがある!笑

オリンピックですよね、確か。

このバルセロナはフランスの影響を受けている独特な街のようです。

バルセロナの大通りの「ランブラス通り」も人気スポットとのこと。

繁華街、カフェ、レストラン全部あるらしい。いきたくなったー!


あ、スペイン料理も忘れずに。


最後に、ツアーを調べてみたところ、
バルセロナ5日間の旅は最低11万でした。

余裕があるなら30万はほしいところ。

お金かかるなぁ。

こんな感じです。

もうちょっと、リンクとか画像があると楽しい報告ができそうだね。

では。


◎まとめ
・超おすすめは毎年8月の最終水曜日にあるトマト祭り
・首都はマドリッド
・パトネス・デ・アリーバっていう小さな村がある
・モンセラットという聖なる山がある
・バルセロナの大通りの「ランブラス通り」は何でもある
・バルセロナツアーは最低11万、できれば30万

「世界の国々」No.1 カンボジア

【世界の国々】

◎No.1 カンボジア

おすすめ海外観光ランキング1位の国。

おすすめ都市がシェムリアップ(アンコールワット)らしい。
アンコールワットという言葉は聞き覚えがある。

ベストシーズンは11月~2月。

首都はプノンペン。

言語はクメール語。初耳だね。笑

カンボジアへ行くには直通は無く、バンコク経由などで最低9時間らしい。

場所は、タイやベトナムのご近所さん。
ほんとに9時間もかかるのかな?不思議。

世界遺産のアンコール遺跡というものは非常に見ごたえがありそうです。
すっごく太い木が建物を飲み込むかのごとく大きく生えています。

検索して写真みたらわかるよ。

ツアーでは、アンコールワット4日間の旅で74,800円なんてものもあるみたい。
10万あれば行けるし、20万あれば豪遊できそうなくらいかな。

ベンメリアの遺跡という場所はラピュタのモデルにもなっているらしい。
気になる気になる!

また、カンボジアにはPhsar Thom Thmei(セントラル・マーケット)という
観光名所になっているマーケットがある。
フレンチスタイルとカンボジアンスタイルのアートのコラボなんだって!笑
買い物をする予定がなくても、まずはちょっと覗いて見てほしいそうな。
ここは是非観てみたい場所だね。

首都プノンペンでは英語で料理教室をやってるらしい。
クメール料理というもので、食欲をそそるフィッシュカレーだって。
英語は話せるレベルになってたら、そこで覚えてしまうのもありだね。

アンコールワットは空で観るとすごいらしいので、ヘリコプターツアー
ってのもやってるみたいだよ。

あとは、ゾウさんに乗って散歩したり、ボートに乗ってメコン川でサンセットクルーズ
を楽しめたりする。

いろいろあるもんだね。わくわくしてきたよ。

◎まとめ
・海外観光ランキング1位
・世界遺産のアンコールワット遺跡、ヘリコプターツアーも
・タイとベトナムのお隣さん
・セントラル・マーケットというマーケットがある
・首都プノンペンでクメール料理の教室がある

プロフィール

カートン

Author:カートン
1989年生まれ。
現在東京で超修行中のSE。
趣味はギター、旅、読書など。
夢は自由気ままに生きること。

カウンタ
最新記事
カテゴリ
本 (2)
SQL (2)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。