スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「カートンの、中学英語学習しちゃえば?」第三回:時制

「カートンの、中学英語学習しちゃえば?」
第三回:時制

こんにちは!
今日で3回目ですね!
勉強もぼちぼち進んできました。
英語の学習が一区切りついたらTOEICを受験してみようと思っています。
少しは成長できるかな。

さて、今日の目次です。


今回の時制
①be動詞の過去形
②一般動詞の過去形(規則変化・不規則変化)
③一般動詞の過去形(否定文・疑問文)
④進行形の基本
⑤進行形にできる動詞・できない動詞

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
①be動詞の過去形
◎過去形の書き方
【解説①】
過去の文にするには、「動詞を過去形」にします。
am/is→was
are→were

【例文①】
You are in the room.

You were in the room.

【訳①】
あなたは部屋にいる。

あなたは部屋にいた。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
②一般動詞の過去形(規則変化・不規則変化)
◎規則変化の動詞の過去形の書き方
【解説①】
一般動詞は原則「規則変化」である。
play→played
walk→walked

【例文①】
I played the guitar.

【訳①】
私はギターを弾いた。

◎不規則変化の動詞の過去形の書き方
【解説②】
「不規則変化」はまるで形が変わる。
make→made
get→got
go→went

【例文②】
He went to the park.

【訳②】
彼は公園に行った。

※不規則変化は基本的には51個覚えてしまえば良いらしい。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
③一般動詞の過去形(否定文・疑問文)
◎否定文の書き方
【解説①】
隠れているdidの後ろにnotをつける。

【例文①】
I used the pen.

I did use the pen.

I did not use the pen.

【訳①】
私はそのペンを使った。

私はそのペンを使った。

私はそのペンを使わなかった。

◎疑問文の書き方
【解説②】
隠れているdidを先頭にする。

【例文②】
He went to the park.

He did go to the park.

Did he go to the park?

【訳②】
彼は公園に行った。

彼は公園に行った。

彼は公園に行ったの?

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
④進行形の基本
◎進行形の書き方
【解説①】
「進行形」とは「この瞬間の動作」を表すもの。
「be動詞+(-ing)」

【例文①】
I play the piano every day.

I am playing the piano now.

【訳①】
毎日ピアノを弾く。(現在形)

今ピアノを弾いている。(現在進行形)

◎進行形の否定分の書き方
【解説②】
be動詞の後ろにnotをつける。

【例文②】
I am writing a letter.

I am not writing a letter.

【訳②】
私は手紙を書いています。

私は手紙を書いていません。

◎進行形の疑問文の書き方
【解説③】
be動詞を先頭に持っていく。

【例文③】
She is studying English.

Is she studying English?

【訳③】
彼女は英語を勉強しています。

彼女は英語を勉強していますか?

◎過去進行形の書き方
【解説④】
wasとwereを使うだけ。

【例文④】
I am reading a book now.

I was reading a book then.

【訳④】
今、私は本を読んでいます。

そのとき、私は本を読んでいました。

【例文⑤】
You are studying English.

You were studying English.

【訳⑤】
君は英語を勉強しています。

君は英語を勉強していました。

◎過去進行形の否定分の書き方
【解説⑥】
過去進行形もbe動詞にnotをつけるだけ。

【例文⑥】
I was reading a book then.

I was not reading a book then.

【訳⑥】
そのとき、私は本を読んでいました。

そのとき、私は本を読んでいませんでした。

◎過去進行形の疑問文の書き方
【解説⑦】
過去進行形もbe動詞を先頭に持っていくだけ。

【例文⑦】
You were studying English.

Were you studying English?

【訳⑦】
君は英語を勉強していました。

君は英語を勉強していましたか?

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
⑤進行形にできる動詞・できない動詞
◎「進行形にできない動詞」のルール
【解説①】
「5秒ごとに中断・再開できない動詞」は進行形にできない。
5秒は適当な表現なので、10秒でも1分でも良い。
【例①】
know(知っている)
→記憶を消したり戻したりを意図的にはできないため。
like(好き)
→好きになったり嫌いになったりを意図的にはできないため。

◎「進行形にできる動詞」のルール
【解説②】
「途中」の概念がある動詞は進行形にすることができる。
【例文②】
I am reading a book now.

【訳②】
私は本を読んでいる。(途中だ)


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


お疲れ様です。

どうでしたか?
今回はイメージでまとめるのは難しかったですが、
中学英語の復習にはなったかなと思います。

さぁ、最後にまとめです。

【まとめ】
時制
①be動詞の過去形:「動詞を過去形」に
②一般動詞の過去形(規則変化・不規則変化):不規則変化を覚えてしまえば、あとは規則的に変化するだけ
③一般動詞の過去形(否定文・疑問文):隠れているdidを持ってきて、notを置くか先頭に出すか
④進行形の基本:「進行形」とは「この瞬間の動作」のこと。「be動詞+(-ing)」
⑤進行形にできる動詞・できない動詞:「途中」の概念がある動詞は進行形にできる
スポンサーサイト

「カートンの、中学英語学習しちゃえば?」 第二回:動詞

「カートンの、中学英語学習しちゃえば?」
第二回:動詞

こんにちは!
無事に2回目を迎えることができました。笑
第二回は動詞です。

前回は前置詞の勉強でした。
動詞はまとめるのが難しかったです。

早速、英語の苦手っぷりが発揮されていると思います。笑

さて、行きましょう!


今回の動詞
①be動詞
②be動詞の否定分
③be動詞の疑問文
④一般動詞
⑤一般動詞の否定分
⑥一般動詞の疑問文


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
①be動詞
◎be動詞のイメージ
【解説①】
be動詞のイメージは「=」です。
be・is・am・areが現れたら、「=」でイメージしてみてください。
【例文①】
I am busy.
【訳①】
私は忙しい。
(私=忙しい)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
②be動詞の否定分
◎否定分のイメージ
【解説①】
be動詞の否定分のイメージは「≠」です。
イコールではないと言っているのですからこのイメージであっているはず。
【例文①】
I am not happy.
【訳①】
私は幸せじゃない。
(私≠幸せ)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
③be動詞の疑問文
ここらへんはイメージで認識するのが難しかったです。
文法的なお話な気がします。

◎疑問文の書き方
【解説①】
(1)「?」を付ける前に普通のbe動詞の文章を作成する。
(2)そのあとにbe動詞を文頭に引きずり出す。
【例文①】
(1)I am happy.
(2)Am I happy?
【訳①】
(1)私は幸せ。
(2)私は幸せ?

◎疑問文の答え方
【解説②】
「Yes,主語+be動詞」
「No,主語+be動詞+not」
【例文②】
Are you an office worker?

Yes,I am.
No,I'm not.
【訳②】
あなたは会社員ですか?

はい、そうです。
いいえ、違います。

【例文③】
Is this book yours?

Yes,it is.
No,it isn't.
【訳③】
この本はあなたの本ですか?

はい、そうです。
いいえ、違います。

【補足】
ちなみにここでもしっかりと、be動詞は
「=」や「≠」で考えることができます。
Are you an office worker?の答えの
Yes,I am.というものは、
「Yes,I am an office worker.」
(はい、私は会社員です)
と言っているのと同じ意味になるからです。
英語は同じことを繰り返し言うことを嫌うから
このような答え方が広まったようです。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
④一般動詞
◎一般動詞のイメージ
【解説①】
一般動詞とはbe動詞以外の動詞のこと。
動詞っていうものは、動作を表すことばのことです。
走る!とか住む!とか書く!とか・・・全部動作ですね。
この動作は一つ一つをイメージで覚えてしまうのが一番かなと思います。
つまり、「その言葉の意味する行動がどんなものかをイメージできるか」
が重要かなと思います。

「走るってなーにー?」

って3歳児に聞かれて、わかりやすくジェスチャや絵などで答えられるようになれば
バッチシなのかなと思います。

【例文①】
I run.
【訳①】
私は走る。
【例文②】
You live in Tokyo.
【訳②】
あなたは東京に住んでいる。
【例文③】
I write a letter.
【訳③】
私は手紙を書く。

【補足】
動詞には3単元のsというものがつくことがあります。
あんまり深く考えてもややこしくなるだけなので、
「isをとる主語→一般動詞にsがつく」と考えます。
【例文④】
He is busy.(Heという主語はbe動詞ではisで表現しますね。)

He likes the dogs.(Heに動詞をつけるときは一般動詞にsをつけます。)
【例文⑤】
I am busy.(Iという主語はbe動詞ではisで表現しません。)

I like the dogs.(Iに動詞をつけるときは一般動詞にsをつけません。)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
⑤一般動詞の否定分
◎否定分の書き方(doの場合)
【解説①】
一般動詞の否定分を書きたい場合は
「見えないdoが登場する」とイメージしてください。

【例文①】
I play the piano.

I do not play the piano.
(doを持ってきて、その直後にnotを置く)
【訳①】
私はピアノを弾きます。

私はピアノを弾きません。

◎否定分の書き方(doesの場合)
【解説②】
三単元のsがつく場合は
sを吸収してdoがdoesになります。

【例文②】
She plays the piano.

She does not play the piano.
(doを持ってきて、その直後にnotを置き、
playsのsを吸収し、doesになる!)
【訳②】
彼女はピアノを弾きます。

彼女はピアノを弾きません。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
⑥一般動詞の疑問文
◎疑問文の書き方(doの場合)
【解説①】
英語は語順を変えることで疑問文にします。
また、英語は「ド頭で疑問分です!」と伝えます。
日本語は一番最後に「ですか?」とイントネーションを上げることで疑問文にしますね。
そこが違う部分ですね。
【例文①】
You like baseball.

You do like baseball.(doを出現させる)

Do you like baseball?(doを先頭に持っていく)
【訳①】
あなたは野球が好きです。

あなたは野球が"好き"です。(疑問文ではない場合に、doがあると強調になるみたい)

あなたは野球が好きですか?

◎疑問文の書き方(doesの場合)
【解説②】
doesの疑問文をつくるときは、
doがでてきて、playsのsをとってdoesになるとイメージします。
【例文②】
She plays the piano.

She does play the piano.(doがでてきて、playsのsをとってdoesになる!)

Does she play the piano?(doesを先頭に持っていく)
【訳②】
彼女はピアノを弾きます。

彼女はピアノを"弾く"のです。

彼女はピアノを弾きますか?

◎疑問文の答え方(doの場合)
【解説③】
「Yes,主語+do」
「No,主語+do not」
という形で答えます。
【例文③】
Do you like baseball?

Yes,I do.
No,I don't.
【訳③】
あなたは野球が好きですか?

はい、好きです。
いいえ、好きではありません。

◎疑問文の答え方(doesの場合)
【解説④】
「Doesで聞かれたらdoesで答える」
とイメージしておきましょう。
【例文④】
Does she play the piano?

Yes,she does.
No,she doesn't.
【訳④】
彼女はピアノを弾きますか?

はい、弾きます。
いいえ、弾きません。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

以上です。
意外と長かった。。。笑

早くもくじけそうになりましたが、とりあえず書きました。

やっぱり自分がわかってないからうまくまとめられないんだな。
まぁ少しは自分の勉強の役には立ちそうなんで、継続は力なりを実践します。
個人的には、こうやってまとめたものをラジオのようなもので講義しながら配信なんて
ものが将来できたらいいなぁ、夢だなぁって思ってます。

さて、最後にまとめです。
以上です。お疲れ様でした!

【まとめ】
動詞
①be動詞:「=」
②be動詞の否定分:「≠」
③be動詞の疑問文:be動詞を先頭に
④一般動詞:その動詞の行動をイメージできるように
⑤一般動詞の否定分:見えないdoを持ってきて、その直後にnotを置く
⑥一般動詞の疑問文:doを出現させ、先頭に

「カートンの、中学英語学習しちゃえば?」 第一回:前置詞

「カートンの、中学英語学習しちゃえば?」
第一回:前置詞

ようこそ!
今回から始まります。「カートンの、中学英語学習しちゃえば?」のコーナーです。
司会と解説はブログ管理人のカートンがさせていただきます、よろしくお願いいたします。
突然ですが、カートンは英語が大の苦手です。
TOEICの点数も280点という実績です。
そんなカートンと一緒に勉強してみませんか?

私は、「言葉はイメージで理解する」ということが大切なのではないかと感じ始めています。
その想いを立証するために、自分自身がまず学習してみようと思います。

さて、このコーナーの記念すべき第一回目は「前置詞」です。

※この学習コーナーは主に関 正夫さんの
「世界一わかりやすい中学英語の授業」を参考にさせていただいております。
また、英語初心者が理解したものをアウトプットしておりますので
間違いや誤認識をしている可能性もあります。
その場合は優しくコメントいただけるとありがたいです。ご了承ください。

今回覚える前置詞は9つです。
それ以外のものは随時学習していきましょう。
9つの前置詞を以下に示します。

①at
②for
③from
④to
⑤on
⑥of
⑦in
⑧with
⑨by

どれも見たことがある単語ですよね。
TOEIC280点の私でも見覚えはあります。笑

これらの単語にイメージを説明する言葉を追加すると以下のようになります。

①at:一点
②for:方向性
③from:起点
④to:方向・到達
⑤on:接触
⑥of:分離・所有
⑦in:包囲
⑧with:付帯・相手
⑨by:近接

あまりピンと来ないかもしれませんね。
では、一つずつイメージを理解していきましょう。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
①at:一点
【解説】
矢印で場所や物などを指すようなイメージ。
【例文①】
at Tokyo
【訳】
東京で
【例文②】
look at the boy
【訳】
その少年を見る(少年めがけて視線を向ける)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
②for:方向性
【解説】
その場所や物などに向かうイメージ。
【例文①】
bound for Hakata
【訳】
博多行き
【例文②】
look for my purse
【訳】
財布を探す(財布に気持ちが向かっているイメージ)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
③from:起点
【解説】
矢印の始まり部分のイメージ。移動開始時の場所みたいな感じ。
【例文①】
come from the office
【訳】
オフイスから来る
【例文②】
She is absent from school
【訳】
彼女は学校を休んでいる(学校から離れて休んでいるイメージ)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
④to:方向・到達
【解説】
矢印の終わり部分のイメージ。移動完了後の場所みたいな感じ。
【例文①】
go to the station
【訳】
駅に行く(駅に向かい、行きつくイメージ)
【例文②】
It is five minutes to seven now
【訳】
7時5分前(7時に向かって5分っていうイメージ)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
⑤on:接触
【解説】
何かに接触しているイメージ。壁でも天井でも接触してればOK。
【例文①】
an apple on the table
【訳】
テーブルの上にあるリンゴ
【例文②】
a picture on the wall
【訳】
壁にかかっている絵
【例文③】
a spider on the cailing
【訳】
天井にいるクモ
【+α】
接触という意味から発展して、「動作の接触(~中)」と「心の接触(~に頼って)」が生まれた
【例文①】
on sales
【訳】
販売中
【例文②】
He is dependent on his parents
【訳】
彼は親に甘えている

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
⑥of:分離・所有
【解説】
「その物体から離れる」と「その物体を所有している」という対極する2つのイメージがある。
【例文①】
He is independent of his parents
【訳】
彼は親から自立している
【例文②】
the leg of the table
【訳】
テーブルの脚
【+α】
さらに発展すると「材料(~から)」と「頭の中で所有(~について)」というイメージも生まれた。
【例文①】
His jacket is made of leather
【訳】
彼のジャケットは革製です(革からつくられた)
【例文②】
think of the girl
【訳】
その女の子のことを考える

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
⑦in:包囲
【解説】
その物体が包まれているようなイメージ。
【例文①】
in Tokyo
【訳】
東京で(東京に包まれているようなイメージ)
【例文②】
the woman in a fur coat
【訳】
毛皮のコートを着た女性(毛皮のコートに包まれている女性のイメージ)
【例文③】
in love
【訳】
恋をしている(恋の空気に包まれている)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
⑧with:付帯・相手
【解説】
「何かと一緒にいる」と「何かを相手に対立している」という対極する2つのイメージがある。
[A(メイン) with B(オマケ)]というイメージもある。
【例文①】
tea with lemon
【訳】
レモンティー(ティーにレモンがオマケで添えられているイメージ)
【例文②】
go out with my dog
【訳】
犬と出かける(一緒に)
【例文③】
She is angry with him
【訳】
彼女は彼に怒っている(彼と一緒に怒っているわけではなく、彼女が彼相手に対立し一方的に怒っている)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
⑨by:近接
【解説】
その物体の近くに存在するようなイメージ
【例文①】
stand by the window
【訳】
窓のそばに立つ
【例文②】
America was disconvered by Columbus
【訳】
アメリカはコロンブスによって発見された
(コロンブスの近くで発見されたイメージ)
【+α】
「近接」から「~によって」という意味になり「手段(~によって)」という意味が生まれた
【例文①】
go by car
【訳】
車で行く(車という手段で行く)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


以上の9つです。
なんとなくわかりましたか?

私は、こうやってまとめてみることで、なんとなくイメージは描けるようになりました。
みなさんもこれらの単語に自分なりの「イメージ図」を描いてみるといいなと思います。
絵を描くことにも慣れてきたら、その絵をアップしてみようとも思っています。

まだまだ説明が下手ですね、これから練習していきます。

ではまた、何か勉強したらみなさんにアウトプットしていきますね。

次回をお楽しみに。

【まとめ】
前置詞
①at:一点
②for:方向性(~に向かって)
③from:起点(~から)
④to:方向(~向かう)・到達(~に着く)
⑤on:接触(~にくっついて)
⑥of:分離(~から離れて)・所有(~を所有して)
⑦in:包囲(~の中に)
⑧with:付帯(一緒に)・相手(~を相手に)
⑨by:近接(近くに)



プロフィール

カートン

Author:カートン
1989年生まれ。
現在東京で超修行中のSE。
趣味はギター、旅、読書など。
夢は自由気ままに生きること。

カウンタ
最新記事
カテゴリ
本 (2)
SQL (2)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。